§ IL−TENORE 〜AKIRA YOSHIDA〜 合唱指揮者/声楽家:葭田 晃(よしだあきら) 公式サイト §


舞台の出来事

以前投稿コーナーに掲載されたものを、まとまてみました。
まだ募集してますので、公開したいネタがある!という方は、 是非教えて下さいね!
※メールにてお願いします m(_ _)m

☆オペラアリア半音下がり事件☆(赤坂達郎さん)2003.6.24

数年前、ある中堅のソプラノ歌手のリサイタルに名古屋まで同行した時の出来事… リハーサルの時から不調を訴えていた彼女だったが、本番ではとあるアリアの後半、 ピアノ伴奏が無くなるカデンツア部分で音程が下がり始めた…(汗) どう甘く聞いても確実に「半音」下がっている!! どうしよう…(大汗)このまま後奏を弾いてしまったら可愛想か?… よッしゃ!!こっちが半音下げて弾いたるわ〜ッ!! と意気込んだ私は後奏を半音下げて無事弾き切ったのであった! 会場からは盛大な拍手が(汗)。。。 が、しかし本人は終演後に楽屋を訪れた友人に指摘されるまでそれには全く気付いて はいなかったそうだ(汗)…。

う〜ん…「絶対音感」なんて持っていない方が幸せなのかも知れない…という事を改 めて思いました。

その反面、絶対音感保持者の俺としては、あのときの盛大な拍手の中には私が後奏を 半音下げて弾いたという事への、同じ絶対音感保持者の聴衆からの称賛の拍手も含ま れていたに違いない!?とも思うのだが、それは思い上がりであろうか?… それにしても本番は怖いですね…!何が起こるか分かりませんから…

☆ぴ〜〜〜〜んち!☆(AKIRA@管理人さん)2003.6.24

東薬大合唱団演奏会での出来事。
第2ステージ終了後15分間の休憩中に、それは起こりました・・・・
楽屋に戻り靴を脱ごうとした瞬間、「ぐぉぉぉぉぉおお!」と叫ばずにはいられないほどの激痛。 そう、見事左足のふくらはぎが吊りました・・・・(多分5年振り)何が起こったのだか分からず、立ち尽くす共演者。 「だ・だれかああ」と泣き叫ぶ私。。(笑)
素っ飛んで助けにきてくれた学生に脚を引っ張ってもらい、なんとか最悪事態は免れたものの、 いつ再発するか分からない状態。休憩時間を少しだけ延ばしてもらい、不安を抱えつつも、いざ、最終ステージへ。 なるべくびっこを引かないように颯爽とステージを歩いたまではいいが、常に不安は付きまといます。

1曲目。こういうときに限って、我が愛する子供たちは、今まで聴いたことも無いような見事な演奏をしてくれました。 自然と沸き起こる拍手。。「挨拶しなきゃだよね・・足痛いよう。。」痛みをこらえつつ、すました顔で挨拶する私。。

2曲目。「ようし、今度は拍手されても次の曲にいってしまおう」と思いつつ、指揮を振る私。しかーし!そんな邪念を抱く私に 神は試練を与えたのです。「あ”!また吊った。。with激痛」恐れていたことが起こりました。平静を装いつつも、痛みに顔をしかめてしまいます。 (後で学生の一人に聞いたら、彼等が間違えて厳しい顔をしたんだと思っていたそうです。。ごめんね。。) 「神さまあ!もう、そんなこと考えませんから、最後まで再発しないようお願いします!」と、ほとんど一生分祈りました。

「足の痛みを忘れるくらい指揮に魂を込めてやる!」そう気合を入れなおし、振りつづける私。 反応良く応え、表現していく学生たち。盛り上がる客席・・・・ステージ最後の曲を振り終えると、 拍手の嵐。アンコール曲「瑠璃色の地球」を演奏し終えたら更に凄いことに。永遠に続くのかと思わせるようなカーテンコール。。

ちょっとふざけて書いてますけど、その時は真剣でしたよ、マジで。1年間彼等が一生懸命取り組んできたものを壊してしまわないように 必死でした。演奏会の興奮に、いつしか忘れていたのですが、楽屋に帰って気を抜いた瞬間・・・・(^^; でもその痛みは、なぜか心地よい・・・・訳ないっす。。イタタタタッ(笑)

☆舞台係はピアニスト☆(赤坂達郎さん)2003.6.24

数年前に埼玉県芸術文化祭の催し物に伴奏ピアニストとして招かれた時の出来事。 ゲストはNHK「みんなのうた」初代おねえさんのM・Y子さん。 本番当日指定された時間より早く会場に着いた私は楽屋に荷物を入れ私服のまま廊下 の喫煙所で一服していたのだが、その私の横をM・Y子さんが付き人と共に通り掛か り楽屋へ入って行った。 暫くしてM・Y子さんが一人で化粧室へでも行く為か再び私の前を横切った…と思っ た瞬間に彼女は振り返り 「ちょっとお兄さぁ〜ん!!楽屋に椅子をもう一つ持って来て戴けるかしらぁ〜?」と …。

どうやら彼女は汚いジーンズにポロシャツといった恰好の私を舞台関係者だと思い込 んでいたらしい…(汗) 私は一瞬ムッとなったが気を取り直し、営業スマイルで「はい」っと返事をした後、 本物の舞台関係者にその旨を伝た。 リハーサルが始まって私が舞台上でピアノに向かい指慣らしをしていると彼女が再び 現れ、きょとんとした目で俺を見ながら 「あら〜ッ!貴方はピアニストだったのね!?さっきはごめんなさい。」と声を掛けて 下さいました。 終演後には「お詫びの印(笑)」という事で彼女の直筆サイン入りCDを頂き、記念写 真も一緒に撮って戴きました..。

☆フィガロの結婚の練習で☆(ananさん)

これは舞台での話ではないんですが、舞台に立つ勉強ということで。 藤原研究生1年次って<フィガロ>を試演会でやるじゃないですか? あきらさんはバジリオをされたのかしら? 私が試験課題として頂いたのは1幕スザンナ役でした。 初めての立ち稽古の日、演出家の先生にデュエットが終わったらフィガロと二人でベッドになだれ込めと指示されました。 頑張ってなだれ込んでみたのはいいんですが、練習室内は大爆笑。 そうです、私の稽古用のスカートはすっかりとめくれあがってぱんつ丸見え状態。。。気付けよ!!なぜ気付かないんだーーー!!!!!って感じですがその時はフィガロ役が覆い被さってる状態だったので笑われるまで気付かず・・・・ 「ごめんなさいーーーー!!」と平謝りする私に先生は「いやいや君の思いきりの良い演技を見込んで」と訳の分からない誉められ方をされて、次の3重唱(伯爵とバジリオが鉢合わせになってスザンナが気絶する場面)ではなぜか胸を覗かれる、と言う演技をつけられてしまいました。。。 稽古が済んだ後にバジリオ役の男の子のらぶらぶな彼女に「胸を見せるなんてひどい!!」と怒られ。。。 なんでやねん??私がいつ率先して見せたーーー!!いや、ぱんつは確かに見せたが・・・・ と思いつつ、次の稽古から稽古用衣装の下のにタンクトップ、スカートの下にはスパッツを履いてフル装備で稽古に臨んだのは言うまでもありません。

☆香水☆(zippiさん)

これって個人名出すとマズイので伏せますが、 超有名なソプラノ歌手と共演した時のお話です。 私、臭いに敏感なんですが、 そのソプラノ歌手さんの香水がキツイキツイ! 大体10Mくらい離れていても、 その強烈な臭いが鼻に来るのです。 しかもその時は、ソリストはオーケストラの後ろで、 丁度私の目の前だったんです。演奏どころではありませんでした。 とても綺麗な方だし日本人なんですから、 そんなに香水する必要あるんですかねえ。 あれ以来「香水恐怖症」になってしまいました。

☆コシファントゥッテ☆(ananさん)

<cosi fan tutte>のドラベッラをやった時のお話。 演出家の指示で序曲の時から舞台に上がって恋人との出会いの回想シーンを演じてたんです。男性陣は1幕にそのまま出番があるので舞台上に残る,姉妹役2人は舞台から客席の通路を通ってはける、と言う演出でした。役になりきって優雅に客席横の通路の階段を上がっていた時にやってしまいました。。。ドレスの裾を踏ん付けてしまい、見事にすっころんじゃいました。とっさに顔をかばったからでしょう、腕にベッタリと赤いものがついてて、頭の中が真っ白!鼻血ブー子になったのかと思って自分で引いちゃいました。しかし!まだ観客の心配そうな視線と今にも吹き出しそうな視線は私にある!演技しなくちゃ!!と果敢に立ち上がり、とっさに胸元にいれておいたハンカチを引っ張り出し、鼻をかくして、ホホホ・・・と笑いながらフェイドアウトしました。 楽屋に帰って鏡を見たら鼻血ではなく、口紅でホッとしましたが、って言うかこれじゃ口裂け女じゃん!って顔になっててボーゼン。。 この顔でホホホっていってる場合じゃないでしょって感じでした。。。 当然後で恋人役の男性には<お前はハケるからいいけど、舞台に残って後姿を愛しそうにみつめていなきゃならなかった俺はどうすれば言い訳?すぐに歌い始めなきゃいけない俺の横隔膜がどんなに苦しかったか・・>と叱られました。ごめんなさい・・と言うしかないで賞??

☆ヘングレ☆(ananさん)

おっちょこちょいの私には沢山ある中の一つなんですが、<ヘンゼルとグレーテル>のヘンゼル役をやったときの事、1幕で仕事をせずに遊んでいた為、帰ってきたお母さんに叱られ、ホウキを持って追い回され壷が割れてしまう場面があるんですね,その割れた壷を舞台上で私がうまく処理するはずだったのですが、あろう事か手が滑ってしまい、壷はオケピットの中のトロンボーン奏者の頭をかすめてしまったんです。まあ、小道具ですから本物と違い重くはなかったので、大事には至らなかったから良かったけど・・・(舞台終了後、平謝りでした) お客さんや、キャストの目がトロンボーン奏者に釘付けになったのは言うまでもありません。。。そして私も演技中なのに固まってしまい、なぜかお客さんの笑いをとってしまいました。 その後2幕ではコンタクトを落として片目だけで演じると言ったハプニング、3幕ではポッキー(協賛がグリコだったため、お菓子は本物のポッキ−を使いました)を嬉しげに振り回していたら、折れて飛ばしてしまい、思わずポッキ−を拾ってしまってまたまた笑いを取るなどなど、<ヘングレ>は私にとって想い出深い作品になりました。。。。 稽古でどんなに頑張っても本番では何が起こるか本当に分からないものですよね?? 超超あせりました。

☆舞台デビュー(オペラ編)☆(akira@管理人)

オペラデビューの話。 児童合唱の頃なんですけど、長門美保歌劇団公演レオンカヴァッロ「道化師」でした。そう、「長門美保」ですよ!若い人は知らないだろうなあ。当時「長門美保歌劇団」といえば、二期会・藤原に次ぐ第3のオペラ団だったんですよ。 ネッダが東敦子さんで、すごく気さくな方だったことを覚えています。まだうら若き少年だった私は、あの声を聴き、「うわーーー、すげーー!人間てこんなでかい声が出るんだ」と、感動しましたよ。 で、カニオ役・・・覚えていないんですよね、すみません。歌う直前だと言うのに、なんと児童合唱全員分メイクしてくれたんですよ。「何で俺がやんなきゃいけないの?」って、ぶつぶつ言いながらも楽しそうでした。どなただったんだろう? とても楽しかったのを覚えています。

☆舞台デビュー☆(akira@管理人)

私の舞台デビューの時のことでも。。といっても、児童合唱の時のことです、ちなみに。 そう、あれは入団したての小学5年生でした。 W.サヴァリッシュ指揮のN響、ソロは、sop.ルチア・ポップ、ten.ペーター・シュライアー、bar.フィッシャー=ディースカウという、その当時はなんとも思わなかったのですが、今考えるとすごいメンバーで、ブリテン「戦争レクイエム」を演奏したのがデビューでした。 でも、児童合唱は「天使の声」という役目だったので、舞台裏での演奏だったのですが、すごく緊張したのを今でも覚えています。 入団したてだったので、ちゃんと歌えないと出演させない!って、先生から言われていたので、学校にいるときや、どっか出掛けたとき、旅行しているときまで、肌身離さず楽譜を持ち歩いていましたよ。訳の分かんないラテン語と格闘しながら・・・ 今も当時の録音が残っているのですが、引っ張り出して聴くたびに当時の事が思い出されて、感傷的になってしまいます。 そうそう、この演奏がNHKのラジオで放送されるっていうので、当時まだめちゃめちゃ高価だったラジカセを買ったんですよ。今でも現役です。

☆大失態!☆(みどりさん)

2年前の定期演奏会でのできごと。 劇を交えて歌うステージで、役者役を割り当てられて、 私はいつもの長ーい黒ーいロングスカート(歌用)じゃなく、 白いプリーツのミニスカートをはいておりました。 ストーリーはデートの時間を守らない彼氏に激怒した 彼女(ワタクシ)が怒って彼をビンタ!というシーン。 リハーサル(ジーンズ着用)の調子でひねりを入れたビンタ炸裂!! え…ひねり? そうでーす。スカートなぞ滅多にはかないからすっかり 忘れていました。ひねりなんて入れた日にはあんな腰布状態の スカートなんてひらひらしちゃうんでしたよね!! ああああああ、あの時のお客さん、ぱんつなんか見せちゃって ごめんなさいごめんなさいごめんなさいー!! 慣れないことはするもんじゃないと思った10代最後の年。

☆気持ちは分かりますが☆(ピエロさん)

とある合唱団の演奏会を聴きに行った時の事、 オーケストラのみの演奏が続き、 合唱がしばらく休みのときでした。 合唱団のある一人が、しきりに左腕をこっそり見てたのです。 演奏よりもそちらが気になって、じっと見ていたのですが、 その人は時計を見ている様なのです。合唱の部分が終わると、 すぐちらちらと見ています。何で時間が気になるのであろうと、 気になってしまって、演奏を聴くどころでは、ありませんでした。 客席からは結構舞台の様子が見えてしまうのですね。 自分も注意しなくては、と、思いました。

☆発表会で。☆(LUNAさん)

私の恥ずかしい体験なんですけど、 音大の時、門下の発表会で事件が起こりました。 そのときちょっとふくよかになっていた私は、 小さくなってしまったドレスを必死に着ていたのでした。 リハーサルで歌い始め、大きく息を入れたとき、 ブチブチブチと嫌な音が。 そう、後ろのファスナーが壊れてしまい背中が丸見えになって しまったのです。すぐ楽屋に戻り、 友達に糸で縫ってもらったので、本番は大丈夫でしたが 、あれが本番だったらと思うと・・とても恥ずかしかったです。

☆ミミが着物で登場・・・?☆(speranzaさん)

演奏会形式ではなく、全幕(演技付き・オケ伴)公演でのことです。演出家が衣裳の設定を日本の昭和初期にしたのです。 ミミは着物(和服)、ロドルフォ(私)は書生姿、マルチェッロ、ショナールは洋装、ムゼッタは「モガ(モダンガール)」、ベノアは和服という和洋折衷の不思議な舞台でした。 私は、素足にワラジを履きました。前日のGPまでは大丈夫でしたが、当日はつい張り切りすぎて、終演後、足の親指の付け根の皮がむけ、血がにじんでいました。 これが私のオペラデビューです。

☆魔笛(演奏会形式)で☆(ひろき さん)

ホール二階のオルガンの前の客席が僕たち合唱の席でした。連日の詰めの練習で本番当日は皆さんお疲れのご様子。二幕が始まると、アリアなどが続くのでコーラスは身じろぎもせずに出番を待ちます。そこへモーツァルトの美しいメロディが聞こえてきます。あぁ、もう限界…。 きがつくと、夜の女王が叫んでました。

☆「第九」でのできごと☆(たくろう さん)

今までで一番笑ったのを。何年か前の年末恒例「第九」での出来事です。前半のクライマックス「for Gott!!」の時に事件は起こりました。私のふたつ隣りの人なんですが、ゴーーーーーットゥッの「トゥッ」と発音した時に、ピョーンとたんたん(想像してください)が飛んでしまったのです。そのたんたんは前の人の肩に見事到着。黒いスーツの上で存在感を見せつけておりました。これを見ていた周囲の人々は、笑いを堪えるのに必死。真っ赤な顔をしながら次の男声合唱へ。苦しかったです。

☆ミュージカル☆(ヨッシー@自宅さん)

約9年前、某ミュージックスクール内のミュージカルに出演した時 の出来事でも・・・。 本番中に震度4くらいの地震が起こったことがあります。 もう舞台照明とかグラグラ揺れていて怖かったー! しかもその役がうさぎの旦那に扮していたもので、まずはMyファミリーを守らなきゃ・・・と思うはずなんですが地震恐怖症の私にとっては内心かなり?動揺してましたね。(笑)

以前入っていた楽団での出来事。 昨年12月、クリスマスコンサートがあったんですが・・・。 本番前日の練習で慌てて舞台上を走り回っていた私は何をどう間違えたのかバランスを崩して舞台から転落するという人騒がせな事故を起こしてしまいました。 翌日、腕も動かせないくらいの痛みに襲われいましたが、テーピングを して本番を迎えました。もちろん楽器はちゃんと吹きました。 その次の日、近所の整体でみてもらったら全治1ヶ月と診断されたのは いうまでもありません。

☆弟の話ですが☆(akira@管理人さん)

弟の中学の頃の話なんですが、演奏会前に鎖骨を骨折したにもかかわらず、吹奏楽の指揮を振ったというのがあります。 そのおかげ(?)で、吹奏楽連盟の理事長賞をもらったのでした。

☆客席☆(akira@管理人さん)

まだ、うら若き20代のころ、 とあるアマチュア合唱団のエキストラで出演。 本番の休憩中、友達の1人が 「客席の前から4番目に座っている女の子がすごくかわいい」 と発言。「お前本番中チェックすんなよ」と周り(自分も含)は批難を浴びせつつも、気になってしょうがない。 休憩後舞台に上がり、まずチェック。・・・・確かに超かわいい。これがきっかけとなり、周りの連中も「ほかにいないか」とチェックしまくり。本番終了後、報告大会でした。 ・・・お客さん、ごめんなさい。

格言「美は罪である」←責任逃れ。。

☆あっ、見えない。。☆(akira@管理人さん)

あれは、初めてオペラの舞台に立ったときのこと。 本番当日というか、本番直前まで気付かなかった大失態。 それは「本番では眼鏡を外さなければいけない」ことでした。 私の視力は両目とも0.1以下。当然眼鏡がないと指揮が見えません。 リハーサルでも当然のごとく眼鏡をしていました。 コンタクトは?そんなもん作ってあるはずないでしょ! 本番では指揮がまったく見えないので、ほとんど声も出せず、先輩からめちゃくちゃ怒られました。 翌日コンタクトを作りに行ったのはいうまでもありません。