§ IL−TENORE 〜AKIRA YOSHIDA〜 合唱指揮者/声楽家:葭田 晃(よしだあきら) 公式サイト §


音楽よもやま話

何でドレミ?vol.1

ド〜は ドーナツの ド〜〜
レ〜は レモンの レ〜〜〜♪

音楽で何気なく使ってる「ドレミ」。とっても便利なんですけど、何で「ドレミ」なんでしょうね。そして、誰が考えたんでしょうね〜

よ〜くかんがえよ〜〜〜 ドレミはだいじだよ〜〜〜♪

ってことで(何が)、こんな無駄知識もどこかで役に立つかもしれませんので(本当か?)、早速解説〜〜〜。

11世紀に入るまでは、ドレミで歌うという習慣が無かったんで(あるいは読み方がまちまちだった)、非常に不便でした。まあ、楽譜の書き方も色々だったんですけどね。特に音楽を教える先生にとっては、大変だったと思いますよ。

そこで、音楽の楽譜の書き方を統一しよう(定量記譜法の確立)・音符の読み方を考えよう(階名唱法の確立)じゃないの!という動きが出てきたんですね。

そこで登場するのが、ダレッツォ先生!(本職は修道院僧。)

「もっと、生徒たちに効率よく音楽を教えたいの〜」・・・・・悩んでいます。

そんなある日、いろんな楽譜を眺めていたところ、「おーーーーーーーーーーー!?」と、ある楽譜に釘付けになってしまいました。

まずは、↓のよく分からん言葉をご覧下さい。

Ut queant laxis
Resonare fibris
Mira gestorum
Famuli tuorum
Solve polluti
Labii reatum, Sancte Ioannes

これは、教会で歌われる音楽(典礼聖歌)の一つで、「聖ヨハネの夕べの祈り」という曲の歌詞です。(ラテン語なんですけど、どういう意味なのかというのは、本題ではないので省きます。)

この曲は、各節の歌い出しが一音ずつ上がっていきます。

「こりゃ、ええわい!」by d'Arezzo
「それぞれの頭の部分の言葉を音の名前にしたらどうだろう?」by d'Arezzo
「 各文頭を抜き出すと【Ut・Re・Mi・Fa・Sol・La】 になるな。これで教えてみよう!」by 略w


さっそく自分の生徒たちに試したところ・・

「先生、これ最高やん!」by 生徒

と好評だったため、瞬く間に世間一般に広まっていきました。

でも、ここで問題が出てきました。

「先生!最初の【Ut】は歌いにくいよう〜(;_;)」
「う〜む。。それじゃ、最初の読み方は神様【Dominus】から取って【Do】にしよう!」
「先生 キャーーーーーーーー!カッコイーーーーーーーー!!!」


と、最終的には【Do・Re・Mi・Fa・Sol・La】となりました。

めでたしめでたし・・・・・・・・・

ん??? おかしいな。。 読み方6個しかない・・・・

そうなんです。最初開発された時は、【ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ】6個の読み方しかなかったんです。※これを【ヘクサコード】と言います。

じゃあ、【シ】は?あれ?あれ?????

何でドレミ?vol.2

音名の元になった曲の楽譜を、家のダンボールをひっくり返し見つけましたので、midにしてみました。よかったらお聴きください。(分かりやすいように、本来の演奏法とは少し変えてます。)

聴いてみる

※本文に関してですが、一般の方に理解しやすいよう努めていますので、前作同様多少(かなり・汗)創作の部分があります。詳しくお知りになりたい方は、市販著作物等でお調べください m(_ _)m
 (一応、逸脱していない範囲で書いているつもりですが・・・)

当時はこのヘクサコードによる楽曲(6音しか使わない音楽)が主流だったので、【シ】に当たる音の読み方は必要なかったんです。といいますか、このヘクサコードを理解しやすくするために、この名前が発明されたんですね。

※midをお聴きになった方、お気付きになりましたか?  この曲もドレミファソラしか使っていませんよ〜

【ラ】以上の読み方が必要な曲では、

 現在  昔
 ド    ド
 レ    レ
 ミ    ミ
 ファ   ファ
 ソ   ソ  → ウット(前回お話した【ド】の原型ですね)
 ラ         レ 
 シ         ミ

という風に、ソを【ウット】と読み直して、ラを【レ】・シを【ミ】と「変換」して読んでいたんです。

なぜかといいますと、
ド(全音)レ(全音)ミ(半音)ファ と
ソ(全音)ラ(全音)シ(半音)ド  の音の幅の関係が一緒なんですよ。

まあ、当時は名前を発明しただけでも凄いことでしたし、必要なかったんですから仕方ないですね。

では、【シ】はいつ頃から使われ始めたのでしょう?

これは、6音しか使わない音楽から8音使う音楽に主流が移った頃、16〜17世紀になります。(約5〜600年間、【シ】は発明されませんでした。なんて気の長い欧州人!w)

ここで前のドレミの元になった歌詞を思い出してください。思い出せない?当然ですね、すみません。。

   Ut queant laxis
   Resonare fibris
   Mira gestorum
   Famuli tuorum
   Solve polluti
   Labii reatum,
   Sancte Ioannes

「あと一つ、名前どうしようかねえ〜」
「お〜〜〜、まだ歌詞残ってるじゃん」
「でも、【Sa】じゃ変じゃない?」
「じゃあ、【Sancte Ioannes】の【S】と【I】をくっ付けて【SI】でどぉ?」
「ナイーーーーーーーーーーーーース!決定!!」
「∩(゚○゚)∩ ばんじゃーーーーーーーーーい!」

となったようです。

※いつ頃、誰が決めたのか、諸説ありますです。はい。。

というわけで、現在の「ドレミファソラシ」が生まれたんですね、よかったよかった♪

※ちなみに厳密に言うと【シ・shi】ではなく【スィ・Si】なんですね。もし、我々演奏家が【シ】なんて発音したら、さあ大変!友達・先生から確実に馬鹿にされます、いじめられます、殴られます、人格否定されます。そして・・・・仕事なくなります。。(ぉぃ

アッチェント???

まあ、これは外国語の発音に関係してくることなので、厳密に音楽の話と言えるかどうかは疑問符が付くのですが、気にしないことにします。(笑)

表題に出ている「アッチェント」って、何のことだか分かりますか?
分かる方は、この下は読まなくてよろしいかと・・
つまりは、そういう話なんで。。

この「アッチェント」を原語で書きますと、「accento」となります。

このスペルを見れば、もうお分かりですね。

そう、みなさんがよ〜〜〜〜く使う「アクセント」のことです。

音楽の発想記号は、基本的にイタリア語を使うのは、よくご存知だと思うのですが、発音に関しては、日本の場合、必ずしもイタリア語読みをしない場合があります。「アクセント」に関しては、「accento」と書かれていても、英語で「accent」と言う言葉がありますので、そっちの読み方で言うことが習慣になっているようです。

が!!!!

せっかく音楽をやっているのですから、きちんとしたイタリア語で言ったほうがかっこいい!! のです。みなさん、明日からちょっとスカシ気味に・・・

「そこのアッチェントはさぁ・・」と言いましょう!!

きっと、「何言ってんだこいつ・・」と、思われるに違いありません♪(笑)

ちなみに、「クレッシェンド・crescendo」も、正確には、「クレシェンド」と読みますよん♪