§ IL−TENORE 〜AKIRA YOSHIDA〜 合唱指揮者/声楽家:葭田 晃(よしだあきら) 公式サイト §


この歌手を聴け!

歌の勉強をする上で「良い歌手の歌を聴く」ことは、とても大事なことの1つです。
発声・表現等、学ぶことはいっぱいあるはず。
そこで、声楽を勉強する上で、参考になる歌手をリストにしてみました。
勉強のためのサンプル収集を考え、CD等の発売数が多い歌手を選んでいます。
まっ、僕の好きな歌手の一覧表という噂も・・・(汗)

SOPRANO

アンジェラ・ゲオルギュー
旦那のアラ−ニャ(T)とのLOVELOVE関係で話題が先行してしまった感があるけど、 実力は折り紙つき。上手いです。自分のフォームをあくまでも守り、 オーバーでは無いけど、端正な歌い方には得るものがあるはずです。
<<お奨めのCD>>

イレアーナ・コトルバシュ
北欧系独特の音色は好き嫌いが分かれるところだけど、この人の特に高音の発声は完璧。 早いパッセージも申し分ない。 ぜひ、見習って欲しい。更に特筆すべきことは、表現の豊かさであろう。 最高の「ミミ」(ラ・ボエーム)「ヴィオレッタ」(椿姫)歌いの1人である。
<<お奨めのCD>>

カーティア・リッチャレッリ
フレーニの後継者は、やはりこの人であろう。特にこの人の高音のPPの歌い方は、 是非参考にして欲しい。無駄な力が一切入っていない。 特にグラモフォン盤アッバード指揮「アイーダ」・マゼール指揮「トゥーランドット」のときの歌唱は完璧。
<<お奨めのCD>>

佐藤ひさら
「日本人で誰か」と聞かれたら、躊躇無くこの人! あの人のドラマティックな声には思わず聞き惚れてしまいます。 主に日本オペラでの活躍が多いので、チェックして下さい。
<<お奨めのCD>>

ミレッラ・フレーニ
まさに生きる教科書。何も言わないから聴けっ!!!! フィリップ盤「ラ・ボエーム」は、絶対に買うべき。(パヴァ様も出てるよ) 聴いてると「ごめんなさい、もう許して・・」と思ってしまいますよ、きっと。
<<お奨めのCD>>

モンセラート・カバリエ
あの巨体から、なぜあんなにもリリックな声が出てくるのか? 透明度の高い歌声は、聞く価値あり! 実物さえ観なければ、思わず抱きしめたくなる衝動に駆られます。
<<お奨めのCD>>

レナータ・テバルディ
当時、マリア・カラスと人気を二分した大歌手。 カラスが載っていないということは、当然私はテバルディ派。 無理の無い発声・端正な歌い方・豊かな表現・・・・ どれをとっても素晴らしい。カラスも悪くはないけど、あの発声は、ちょっと・・・・ね。 勉強を始めたばかりの人は、テバルディの方を聴くべし。
<<お奨めのCD>>

MEZZO SOPRANO/ALTO

アグネス・バルツァ
言わずと知れた、スペイン・メッツォソプラノの女王。 と思ったら、こてこてのギリシア人でした。カルメンのイメージが強すぎて・・・声だけでも満足なのに、 舞台の上でのあの艶やかさには、もうメロメロ状態!正確な歌いまわし、表現は、 楽譜を隅から隅までよく読んでいるなあ・・と尊敬してしまいます。
<<お奨めのCD>>

チェチーリア・バルトリ
まさに、モーツァルト・ロッシーニ・ベッリーニ・ドニゼッティを歌うために生まれてきた人。 メッツォソプラノのイメージを変えましたね、ほんとに。あのコケティッシュな魅力には、ソプラノ陣もタジタジ。 しかも、当時の歌のスタイルを完璧にこなしています。上記の作曲家のオペラを勉強する時は、絶対に参考にして下さい!
<<お奨めのCD>>

テレーサ・ベルガンサ
スペインの女王。雰囲気的にバルツァはこの人の後継者だね(バルツァはギリシア人だけど)。スペインて優秀なメッツォソプラノが多いよね。 一人すごい人が出ると続くんだよね、きっと(まあカルメンの国だし)。そういう意味でこの人の残した功績は大きいものがあります。
<<お奨めのCD>>

ルチア・ヴァレンティーニ・テッラーニ
「妖艶」。この歌手を一言で言え、といったらこれしかありません。 あの雰囲気は何なんでしょう?引き込まれます。声も無理なく適度な丸みを帯びていて、惚れ惚れしますよ。 この人が出ているCDは絶対に買うべし!
<<お奨めのCD>>

TENORE

アルフレード・クラウス
メッツォソプラノもそうだけど、スペインて情熱的なイメージがあるよね。でも歌ではすごく丹精に歌う人が多いんだよね。 この方は、絶対に自分のフォームを崩さず、レパートリーも厳選したおかげで、かなりのお年になっても歌っていました。 変な言い方だけど、レコ勉するならうってつけでしょう。よくお世話になります。
<<お奨めのCD>>

フリッツ・ヴンダリッヒ
ドイツが誇るテノール。あの甘いベルカントは「あなた本当にドイツ人?」って感じ。なのにリートもめちゃくちゃ上手い! 「水車屋の娘」聞いてご覧?涙出るよ。でも、若くして亡くなってしまったのが残念。録音も少ないけど、 絶対1つはゲットして欲しいです。外盤で何タイトルか出ています。
<<お奨めのCD>>

プラシド・ドミンゴ
表現力に関しては、この人がぴか一。言葉へのアプローチ、楽譜へのアプローチ等すべてが勉強になります。 演技も上手いし。僕もオペラをやる時必ず参考にします。まあ、アクート(高音)にはちょっと難があって、 「シミンゴ」「ラミンゴ」って揶揄されることもありますが、あまりにも完璧過ぎるよりは、愛嬌があっていいんじゃない?
<<お奨めのCD>>

マリオ・デル・モナコ
この人は、出そうかどうしようか迷ったんだけど・・・あの発声は、日本人にはできません。 絶対に真似しないように!てか、無理です。CDよりも映像で観たほうが良いでしょう。 あの凄まじいまでの表現力には「許して!!」と言うしかありません。 歌手というよりも歌役者だね。そういう意味では勉強になるでしょう。
<<お奨めのCD>>

ルチアーノ・パヴァロッティ
僕の神様。(終)・・・ご覧になっている方に殴られそうなので、もう少し。 出来れば、映像を見て欲しい。そして口がUPで映ったとき、よーく見ましょう。 何て惚れ惚れする開き方なんでしょう!舌はぺとんと下に、軟口蓋は上にべったり。 理想です。完璧です。幸せです。終わりです・・・
<<お奨めのCD>>

BARITONO/BASSO

ディートリッヒ・フィッシャー=ディースカウ
リート界の大巨匠。よく「レガート唱法」と言われますが、あれだけ完璧な発声・フレージングが出来る 歌手は、そうそう出てこないでしょう。但し、オペラはあまり上手くありません。 それと、CDを買う時、録音年代をよく確認するように。なるべく若い頃の方が良いです。 結構「えっ?」というようなCDがあったりします・・・
<<お奨めのCD>>

堀内康雄
素晴らしいです。初めて藤原の公演でご一緒させていただいたとき、引き込まれてしまって声出ませんでした。 発声・フレージング完璧!まさに「日本のブルゾン!」て感じ。新国にはちょくちょく出られていますので、 日本人キャストに名前があったら、迷わず外人キャストを買わずに、こっちを買って下さい!

レナート・ブルゾン
この人のためにヴェルディがある、と言っても過言ではありません。もう何も言いません・・・ とにかく聴いたほうが早いです。あんたは最高だよ・・・普段は片田舎のおっちゃんて感じなのにね。
<<お奨めのCD>>